レーサーダイエットの効果 > レーサーダイエットの元

レーサーダイエットの元

レーサーダイエットとは漢洋堂と言うお店から発売されている「プーアールティーカプセル」の事を指しています。

何故プーアールがレーサーと言う様になったかと言うと今現役のプロレーサーである松田次生さんがこのカプセルを摂取して3ヶ月で12キロと言う減量を成功させた事をきっかけとしてレーサーダイエットと言う様に名付けられたみたいですが、これはきっと誰もが知っている話かもしれませんね。

では何故レーサーの方がダイエットに励んだのかと言うと、レースの世界ではマシンを軽量化させると言う事が物凄く大切な事で、マシン自体の重さを1キロ軽量化させる為に数百万円と言うお金がかかるのだそうです。
せっかくマシンを1キロ減らしても乗るレーサー自体が1キロ太ってしまっては数百万円が無駄になってしまいますよね。何の意味も無くなるのです。

でもレースはとても過酷な世界です。体力が無ければ元も子もありません。体力やスタミナを付ける為、保つ為には食事制限自体を余りやってはいけないと思います。でもマシンの軽量化も受けて体重は落とさなくてはならない。と言った矛盾が生じてきます。

そんな悩みを抱えていた松田選手に対してプーアールティーカプセルを勧めたのは内分泌内科医の先生だったようです。このカプセルは特に食事制限が必要なく、普段通りの食事のままで、カプセルを摂取するだけで体重を落とす事が可能みたいで、実際に12キロも減った時にはさすがにびっくりしていた様でした。

そんな実体験を基にして名付けられたのがレーサーダイエットなのです。

レーサーダイエットの効果

リンク

RSS ATOM